映画

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

更新日:

私が最初にこの作品を知ったのは原作からでした。そのため内容は把握していたんですが、映画で観た時は涙が止まりませんでした。内容を知っているからこそ、登場人物の一つ一つの行動の重みを感じ、感情移入して、胸が締め付けられる思いでした。若手ながら演技派の小松菜奈さんの演技力もそのストーリーの面白さを引き立てていました。ヒロインの奥ゆかしい雰囲気を見事に演じていて、自然な印象になっていたと思います。また、原作未読の人でも、そのミステリアスなストーリーには魅力されると思います。シーンの所々に伏線が張り巡らされていて、一度目は勿論、二度観た時も新たな発見が見つかる映画です。時間軸が前後するため、ややこしい所もありますが、そこも魅力的です。タイトルの意味を知った時、その切なさにきっと涙が溢れ、その後には温かさが残ります。また、主題歌のbacknumberの「ハッピーエンド」も、内容にマッチしていました。若い人は勿論、幅広い世代が楽しめる恋愛映画だと感じました。

私が最初にこの作品を知ったのは原作からでした。
そのため内容は把握していたんですが、映画で観た時は涙が止まりませんでした。
内容を知っているからこそ、登場人物の一つ一つの行動の重みを感じ、感情移入して、胸が締め付けられる思いでした。
若手ながら演技派の小松菜奈さんの演技力もそのストーリーの面白さを引き立てていました。
ヒロインの奥ゆかしい雰囲気を見事に演じていて、自然な印象になっていたと思います。

また、原作未読の人でも、そのミステリアスなストーリーには魅力されると思います。
シーンの所々に伏線が張り巡らされていて、一度目は勿論、二度観た時も新たな発見が見つかる映画です。
時間軸が前後するため、ややこしい所もありますが、そこも魅力的です。
タイトルの意味を知った時、その切なさにきっと涙が溢れ、その後には温かさが残ります。

また、主題歌のback numberの「ハッピーエンド」も、内容にマッチしていました。
若い人は勿論、幅広い世代が楽しめる恋愛映画だと感じました。

-映画

Copyright© 映画アニメ動画感想ブログ【ごろ寝ット】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.