映画

綾瀬はるか主演【映画】ハッピーフライトを見てみた感想

更新日:

ハッピーフライトは綾瀬はるか演じる主人公・キャビンアテンダントの斎藤 悦子が初の国際線フライトに挑む映画です。

飛行機に乗ったことは何度かありますが、普段が見ることのない空港のグランドスタッフや畿内のキャビンアテンダント・パイロットの裏側を見れているようでとても面白い映画になっています。

※ネタバレ一部あり

 

 

ハッピーフライトの中でも私が一番好きなシーンは、キャビンアテンダントの人々がドリンクや機内食を入れている作業スペースで竹の足裏マッサージ器具を踏みながら御飯を急いで食べているところ。

飛行機に乗ると楽しみなのが機内食ですが映画を見てからは「ああ、今キャビンアテンダントの人たちも御飯をたべているのかな」と思うようになりました。

主人公は不安を感じながらも、国際線にのる楽しみも感じているのですが何度か失敗をする中で泣いてしまうシーンがあり、完璧に見えるキャビンアテンダントもやっぱり人間なんだなと思いました。


ANAのイベントで10年ぶりにCA姿になった綾瀬はるかさん、美しい~。続編も面白そうですよね。

口コミでシーエーさんからも「ハッピーフライト」の感想をいただきました。ありがとうございます! 😀

私が映画「ハッピーフライト」を見ようと思ったのは主演の女優綾瀬はるかさんが好きだからです。

キャビンアテンダント役の綾瀬はるかさんが笹野高史さんが演じる乗客のカツラを直して、身に着けているものを外す指示の時に「お客様はそのままで結構です。」と言っていたシーンは思わず笑ってしまいました。

また、お客さんの注文した飲み物を間違えてしまったり、雑誌を間違えるなど普段から天然キャラの綾瀬はるかさんらしい演技が良かったです。綾瀬はるかさんがお客様に出すチョコレートが高級品だとわかって1人喜んでいたのも他のCAからは浮いている感じでしたが実際そういう感じの方なのかな?という想像をさせてくれました。

時任三郎さんと田辺誠一さんが演じるパイロットもかっこよかったですね。

本物のパイロットがあのようなハンサムな方がいるのかはわかりませんが、それを目指している人には夢を与えてくれると思います。失敗続きで高校生らしい女の子に「CAだけはやめた方がいい」と言っていた綾瀬はるかさんが最後にはその女の子に「CAは厳しいわよ」と笑顔で言っていたのも良かったです。

 

フジテレビでのTV地上波放送を見逃してしまった方にはフジテレビのFODで視聴することが可能です。

-映画

Copyright© 映画アニメ動画感想ブログ【ごろ寝ット】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.