ドラマ

テテ出演!【韓国ドラマ】花郎(ファラン)を見た感想・感動シーンも解説

更新日:

韓国ドラマの「花郎(ファラン)」を見た感想とネタバレです~。

私が「花郎(ファラン)」見ようと思ったきっかけは、BTSのV、テテ君が出ているということで見ました。

出演者もパク・ソジュン主演、パク・ションシク、ミンホなど豪華なキャストのドラマです。

キャストだけではなく、ストーリーの内容も面白く、1話終わるごとに次回が気になるようなキャスト・ストーリー両方とも満足のドラマでした 😉

※以下ネタバレあり

 

 

 

私が一番感動したシーンは、14話のソヌが南扶余の皇子に自分が王だと宣言するところ。民を守るために、アロを守るために「私が王だ!」と叫んだところはとても感動しかっこいいと思いました。その後一対一で戦うところもハラハラドキドキしました。

それともう一つ感動し号泣したシーンは18話のハンソンが亡くなったところです。


ソヌを守るためにハンソンは兄に立ち向かい、そしてそのまま亡くなってしまいました。ここのシーンはずっと号泣してました。なんでハンソンが死ななきゃいけなかったのか、本当に悲しかったです。この時のテテの演技は本当に凄かったと思いました。

そして最終回、ソヌがチヌン王に忠誠を尽くすシーン。さすがソヌだと思ったシーンです。

ソヌはとてもかっこいいと改めて思ったシーンでした。そして色々あったけどソヌとアロが仲良くなってとってもラブラブで良かったです。

私的にはパンリュとスヨンのラブラブっぷりが一番嬉しかったです。韓国ドラマはおすすめしたいドラマがおおいですが花郎(ファラン)も「またもう一度見たい・誰かに勧めたい」そんな面白いドラマでした。

花郎(ファラン)全24話はフジテレビのFODで見ることが出来ます。日本語吹き替えと字幕版が選べるので声のイメージを損なわず字幕版で見たい!という方にもおすすめ 😀

-ドラマ

Copyright© 映画アニメ動画感想ブログ【ごろ寝ット】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.