映画

【映画】君のすい臓を食べたい(キミスイ)の感想・ネタバレ

投稿日:

君のすい臓を食べたいは住野よる原作でデビュー作だった青春小説を映画化したものです。

タイトルにインパクトがありますよね。最初、題名を聞いた時は全く内容が想像できませんでした。(笑)

一瞬、グロテスクな話なのかと思いきや、観てみると題名とは全く違う内容で青春の一ページが開かれていきます。

【あらすじ】浜辺美波演じる女子高生 山内桜良は膵臓に病を抱え余命があとわずかしかありません。それをクラスで一番の暗い男子(僕)に知られてしまうことからが始まりです。そして死ぬまでにしたいことを一緒にしていきます。

結局、その主体の物語は過去。映画の途中で現在がちらほらとでてきます。


浜辺美波さんの透明感がある演技がすごくすてき!

↓ここから先はネタバレを含みます

 

 

 

 

桜良が死んでしまうのは想像がついていたのですが、死にかたがかなり衝撃でびっくりしました。最初に二人がしていた何気ない会話「誰だっていつ死ぬかわからない今、世間を騒がせている通り魔に刺されてしまう場合だってある」

この言葉が重くのしかかります。

入院をし、もう治る見込みがないと判断され一時退院。しかし、再び一緒に旅行へ行こうと、幸せそうに走る彼女に通り魔が遅ったのです。そして、そのまま死んでしまいました。例え最後には死んでしまっても一緒に旅行をし、満足してからの病死にしてもらいたかったです。

-映画

Copyright© 映画アニメ動画感想ブログ【ごろ寝ット】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.