アニメ 映画

【映画】戦争「この世界の片隅に」を見た感想とネタバレ

投稿日:

戦時中の日常を描いた映画「この世界の片隅に」の宣伝はずいぶんとテレビでやっていたのでなんとなくのイメージとか声優が誰だとか多少の前情報を仕入れつつ映画を見ました。戦時中の出来事とはざっくりとのあらすじでしっていましたが広島県呉市の話がメインだってことを知らなかったです。

テレビなどの宣伝ではどちらかというと戦時中の一般市民の日常をつづるというようなニュアンスだったし、絵柄もほんわかした雰囲気だったので戦時中でもたくましく生きる人々のストーリーだと思っていました。


※以下ネタバレあり

 

 

 

1944(昭和19)年、絵を描くことが好きで明るくほがらかな18歳のすずは縁談をし、戦艦「大和」が停泊している広島・呉市にある北条周作に嫁ぐ。

無口だけど優しい夫、親切な義両親、ちょと嫌味な義姉、可愛い姪の晴美と見知らぬ土地で生きていくすず。戦争が激化し配給や物資が少なくなっていく日々の中でもひたむきに懸命に明るく生きていきます。

前半は戦時中ながらもすずの性格やアニメのほのぼのとした可愛らしいタッチがストーリーにも感じます。

ですが映画の後半につれ戦争が激化し、とうとう広島まで爆撃が落とされてしまう日常になっていくとだんだんとシリアスで切ないストーリー展開に。

特に衝撃的だったのは外出中に空襲警報が鳴り防空壕に入るすずと姪の晴美。空襲が終わって2人で手を繋いで帰っている途中、時限式爆弾が爆発し晴美は即死、すずは右腕がなくなってしまいました。アニメの絵柄がほのぼのとしたタッチなのでかなりショックなシーンです。


この後もはっきりとは描かれていませんがすずの妹は原爆の放射能で白血病になったんだろうなってシーンもありました。これは私たちは後の時代に生まれてきているから放射能の影響だと知っていますが当時の人たちはなぜ自分がこんなに具合が悪くなって死んでしまうのだろうかって状態に陥ってるのかわからないまま命を落としていったのだと思うと切ないですね。

右腕がなくなり大好きだった絵も描けなくなってすず。晴美の母からは「人殺し!」と罵られ、あんなに明るく元気だったすずは自暴自棄になり心を壊してしまいます。

ですが右腕がなくなってしまっても自分が動かないと生活できないから片腕でもこなそうと日々の生活を生きるすず。そうしないと生きていけないからやっているのだろうけど、今の時代ってなんて平和でいい時代なんだろうと改めて思いました。

戦争を知らない世代がほとんどになった今の時代が普通と思っているけれど、少し前までは毎日が戦場で命の危機と隣り合わせだったのだという恐怖を一緒に体感しました。ラストはお母さんが原爆で墨になってしまって残された女の子を家に連れてきて亡くなった晴美のお古を着せて物語は終わりますが戦争は終わったけど本当に大変な日々がこのまま続くんだなという淡々とした終わり方でした。

映画のなかでもいちばん好きだったタイトルにもなっているこのシーン。

「この世界の片隅にうちを見つけてくれてありがとう」

胸が切なく私たち市民には日常の生活が何よりも大切なのに戦争という見えない敵に振り回され命を落としていく日常に胸が痛く切なくなりました。

「この世界の片隅に」はFODでも配信中です。レンタルを借りるよりもお得♪ 😀

-アニメ, 映画

Copyright© 映画アニメ動画感想ブログ【ごろ寝ット】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.