ドラマ

アガサ・クリスティ原作「黒井戸殺し」を見た感想・ネタバレ

更新日:

前回、野村萬斎さん主演であった「オリエンタル急行」の日本バージョンがとても面白かったのでCMがあったときから注目していました。

今回も野村萬斎さんの勝呂ぶりが徹底されていて楽しかったです。話の内容も原作がアガサクリスティだけあって見応えがあるドラマでした。


医師役の大泉洋さん、その姉役の斉藤由貴さんだけでも豪華だったのに、被害者となった黒井戸氏に遠藤憲一さん、その想い人だった佐奈子役に吉田羊さんと存在感ある役者さんぞろい。

その日、屋敷にいた人々が少しずつ隠していることがあっただけに複雑になっていた事件ですが、話が進むにつれほどけていく感じが快感でした。

それにしても相棒として指名し、途中まで一緒に推理していた医師、柴が犯人だったとは。けっこう驚きました。しかもただ天然そうに見えていた姉が余命が少なかったので物語の最後は何とも言えない寂しさを感じてしまいました。

犯人が濡れ衣を掛けるためにかくまっていた黒井戸氏の義理の息子、春夫が向井理さんだったのが無駄に豪華でしたね。

執事役だった藤井隆さんの出過ぎた感じも物語を盛り上げていたような気がします。最後まで展開が見えない話でとても面白かったので、また次回作があれば見たいです。

口コミでマミさんからも「黒井戸殺し」の感想をいただきました。ありがとうございます!


もともとミステリーが好きで、テレビで原作が有名なドラマをやる時にはチェックしていました。

前回のアガサクリスティ×三谷幸喜の作品もとても面白かったので、今回黒井戸殺しが放送されるとCMを見た時から楽しみにしていました。大泉洋さんなどキャストも、面白そうだと思いました。

ミステリーは好きですが、実はあまり原作を読んだことがないので、犯人推理はいつもワクワクします。今回は容疑者が多く、みんな怪しく思えました。通常の殺人事件では、重い空気だったり、シリアスなシーンも多いものですが、遺体を発見した時の男性陣のセリフや動きがコミカルで面白かったり、捜査をしていく時に絡む、柴医師の姉の言動などにも笑ってしまいました。

まったく犯人がわからないまま、勝呂の推理がはじまるのですが、最後の最後まで犯人の予想がつきませんでした。犯人を名指ししないまま、容疑者達の前での推理を終えるというすっきりしない展開でしたが、実は犯人は柴医師で、誰にも真実を告げないまま勝呂が柴医師に自殺を薦めるといった衝撃的な展開になりました。

姉のためとはいえ、命を絶つのを提案するなんて、びっくりしました。また、まさか勝呂の助手として捜査していた柴医師が犯人とは夢にも思っていませんでした。答えがわかった後、目線を変えてもう一度見たい!と思いました。第3段があるなら、また楽しみに見たいです。

-ドラマ

Copyright© 映画アニメ動画感想ブログ【ごろ寝ット】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.