アニメ

【アニメ】魔法使いの嫁を見た感想・ネタバレ

投稿日:

独特なイラストと世界観をもつ『月刊コミックブレイド』に連載中の「魔法使いの嫁」通称「まほよめ」を見た感想とネタバレです。

まほよめはコミックスから読んだのですがアニメ化はこの世界観が出せるのかちょっと心配でもありました。いちばん最初に「魔法使いの話だから」とチートな主人公がバッタバッタする話かなと思っていたのですが派手なシーンはほとんどなく淡々と静かに話が進む物語です。独特な世界観は漫画というより小説を読んでいる感じに近いですね。

アニメのほうもヤマザキコレさんが描く世界観をとても上手く表現されているアニメで、原作派でも大満足な仕上がりになっています。

「魔法使いの嫁のあらすじ」は骨のような顔つきなエリアスという魔法使いに奴隷オークションに出ていた主人公のチセが買われてしまうという物語から始まります。

アニメーションが綺麗でストーリーがわかりやすく、しかも声優の声がキャラクターに合っているところが素晴らしいです。

BGMも途中にあるキャラクターのキャラソンも今までにない新しいアニメだと感じさせてくれます。見れば見るほど先が知りたくてうずうずしてしまいます。

チセの過去やエリアスの過去、そのほかのキャラクターの過去にも注目な作品でもうタオルが手放せなくなるほど泣きながらアニメを見てました。

人の思いや感情をここまで丁寧にそして素直な言葉で書かれた作品はほかにはないほど純粋で心に響く言葉がある作品だと思いました。また見たいと思うほど人を惹きつける素晴らしい作品だと思いました。

スピンオフのショートアニメ「まほよめ」チビキャラのチセとエリアスが可愛い(*´▽`*)

口コミでシーエーさんからも「魔法使いの嫁」の感想をいただきました。ありがとうございます!


感想はひたすら美しいアニメ。主人公のチセが、魔法を使いとの出会いを通して、自分の生き方、自分のアイデンティティを見つけていく姿をみるとうれしくなります。ラストでチセが母親との出来事を解決していく時は感動しました。

また、エインズワースも、チセを通じて、人間の感情を取り戻していくのも興味深かったです。ただ、思ったより、エインズワースも、チセの危機にいまいち対処できてなかったのが、気になりました。万能な魔法使いかと思っていたので、ちょっと意外だと感じました。

ただ、もっと、話の続きがみたかったです。チセは、過去を克服したので、ここからエインズワースとの対等な関係をつくっていくという段階にやっと到達したからです。敵役としてカルタフィルスの存在もよかったです。

彼が、なぜ名前で呼ばれるのを嫌がったか、なぜそれほどにチセに固執したのかが、最後に明らかになった時、彼に同情してしまいました。リャナンシーのエピソードもよかったです。

口コミで春奈さんからも「魔法使いの嫁」の感想をいただきました。ありがとうございます!

独特なイラストと世界観、アニメのOPに興味を持ち見てみたら涙が止まらない作品だった。

魔法使いの話だからと甘く見ていた自分が嫌になるくらい感情移入してしまった。骨のような顔つきなエリアスという魔法使いに主人公のチセが買われてしまう第1話から一瞬で惹きこまれてしまうアニメです。

アニメーションが綺麗でストーリーがわかりやすく、しかも声優の声がキャラクターに合っているところが素晴らしいです。BGMも途中にあるキャラクターのキャラソンも今までにない新しいアニメだと感じさせてくれます。

見れば見るほど先が知りたくてうずうずしてしまいます。チセの過去やエリアスの過去、そのほかのキャラクターの過去にも注目な作品でもうタオルが手放せなくなるほど泣きながらアニメを見てました。

人の思いや感情をここまで丁寧にそして素直な言葉で書かれた作品はほかにはないほど純粋で心に響く言葉がある作品だと思いました。また見たいと思うほど人を惹きつける素晴らしい作品だと思いました。

-アニメ

Copyright© 映画アニメ動画感想ブログ【ごろ寝ット】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.