アニメ

【アニメ】STEINS;GATEのあらすじと感想・ネタバレ

更新日:

STEINS;GATE:あらすじ

中二病をこじらせた岡部倫太郎は、自らを鳳凰院凶真と名乗り、秋葉原のラボと呼ばれる場所で、発明をして、仲間たちと楽しい時を過ごしています。

ある時、携帯電話で起動できる電子レンジ、電子レンジ(仮)を発明します。電子レンジ(仮)は、時空を越えて、物体を移動する機能を偶然持ってしまいました。

あるカンファレンスで、岡部が出会った天才少女・牧瀬紅莉栖により、電子レンジ(仮)を改良し過去にメッセージを送れる機能を実装されました。岡部たちは、過去にメッセージを送る実験を繰り返します。

さらに、岡部と紅莉栖は、自分の記憶を過去に飛ばし、タイムリープできるようにさらに機能を発展させました。タイムリープの機能が完成し、皆でそれを祝おうとラボで集まっている時、突如、武装した集団に襲われ、ラボに出入りしている幼馴染が殺されてしまいます。

岡部は、幼馴染を救うために、タイムリープを試みて、幼馴染が死ぬ未来を変えるように様々な試みをしますが、その度に失敗します。途方にくれた岡部は、タイムリープした先で、牧瀬にこのことを相談します。

すると、幼馴染が死ぬのは、実験で過去を変えようとした結果だということがわかります。自分の行った実験をとめるために、岡部は、再び、タイムリームを実行します。

-アニメ

Copyright© 映画アニメ動画感想ブログ【ごろ寝ット】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.