アニメ

【アニメ】つり球を見た感想・評価とネタバレ

更新日:

フジテレビのノイタミナの枠で放送されていて、いつもその枠は面白いアニメがやっていたので期待していました 😀

まず最初見たときにキャラクターデザインがとても可愛くて気になり、尚且つ舞台が江ノ島で横浜に住んでいる自分にとってはとても馴染み深いところだったのですぐのめり込みました。


最初はほのぼのつりアニメかと思いきや、SF(少し不思議←公式の和訳)要素もあってビックリしました。

宇宙人と名乗るハルと、仙台から引っ越して来たユキ、つりの腕はプロ並みの夏樹、インド人でどう見ても高校生ではなさそうなアキラ、全く性格も違う4人がつりをする姿はほのぼのして一番の見どころだと言えます。

意外とちゃんとつりの知識が入ってるので、これを見たらつりを始められそうだなとも思いました。

アニメの後半は宇宙人のハルの影響でだんだんまったり部分が減り江ノ島周辺の人が避難する場面も出て来て、最初のまったりほのぼのつりアニメ感はなくなるのですが、それでも最後どうなっちゃうの!?って思って目が離せませんでした。

最後は引っ込み思案なところがあったユキは少しだけ変わった感じで、視聴者としては少し嬉しい気分で終わっていて、ほっこりしました。まったりほのぼのが好きな人にはオススメです!

-アニメ

Copyright© 映画アニメ動画感想ブログ【ごろ寝ット】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.