ドラマ

見逃し配信アリ!刑事ゆがみを見た感想やあらすじ

投稿日:

刑事ゆがみは『ビッグコミックオリジナル』掲載の原作井浦秀夫の漫画。最近は原作が漫画というのがけっこう当たり前になってきましたねー。

いつもひょうひょうとしている刑事・弓神 適当(ゆがみ ゆきまさ)が事件の違和感に一番早く気づき、最後まで見ないと事件の本質がわからないという展開は、毎回最後まで目が離せませんません。そのうちだんだんと周りのメンバーも彼の実力を認めて協力するようになっていくことで、関係が変化していったのもおもしろかったです。


特にコンビを組んでいた羽生 虎夫(はにゅう とらお)は最初、弓神に反発していたのにだんだんと弓神の影響を一番強く受けていくのがわかって二人のやりとりは毎回楽しめました。

第2話で弓神が「誰かを守るための嘘もある」と言っていましたが、その言葉の意味が最終回で明らかになるという演出も最後まで楽しませてくれました。

できれば続編を放送してほしいとも思いますがあのエンディングでは「無理かな」という感じがしています。ただ、物語の中心となった「ロイコ事件」に関しては謎の部分も多いのでスピンオフドラマとしてでもいいので、何らかの形で明らかにしてほしいと思っています。

口コミでいただいたMMさんの刑事ゆがみを見た感想・ネタバレもどうぞ

最初は「刑事ゆがみ」というタイトルを見て、性格のゆがんだ刑事が主人公かと思いましたが同タイトルのコミックのドラマ化で主人公の刑事の名が「ゆがみ」なんだとドラマを見て知りました。

もともと、神木隆之介のファンだったし、浅野忠信も個性的で演技がうまいと思っているので、この2人がダブル主演で共演というのがとても楽しみでした。

実際ドラマが始まると、2人をはじめほかの共演者たちも私の期待以上の演技を見せてくれました。ストーリーだけでなくセリフのやり取りなど、とても見ごたえのあるドラマになっていました。

刑事の弓神適当(浅野忠信)と羽生虎夫(神木隆之介)のコンビは、性格や捜査方法は全く違いますが、毎回難しい事件を協力して解決していきます。

そして弓神は、被害者の心情に深く寄り添います。彼には、大きな心の傷があるからです。最初は、謎の登場人物だった氷川和美(山本美月)の正体や、彼の過去がストーリーが進むにつれ、どんどん明らかになっていきました。とても面白かったので、続編が制作されるのを楽しみに待っています。

刑事ゆがみを見逃してしまった方は全10話フジテレビのVOD「FODプレミアム」で全話見ることが出来ます 😀

-ドラマ

Copyright© 映画アニメ動画感想ブログ【ごろ寝ット】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.